遺品整理の需要

趣味の世界は突き詰めるとキリがありませんが、特に面白いのが骨董品だと言われています。日本はモノを大切にする風習がありますし、江戸や明治の骨董品が多く残っています。収集家も多いですが、難しいのが手放すタイミングと言われています。価値は鑑定士に見てもらわないと分かりませんし、そこで初めて買取り価格が判明します。一部の業者になりますが、悪徳業者が存在するのは確かです。可能であれば複数の鑑定士に見てもらって、あまりにも金額に開きがあれば注意が必要です。陶器や掛け軸は壊れ易いですし、持ち運びには十分に注意して下さい。箱や鑑定証があれば、そのまま保管しておくべきです。

ブリキのおもちゃ

骨董品買取りの分野においては、おもちゃも対象になります。とりわけ人気が高いのが、昭和中期のブリキのおもちゃだと言われています。ヒーロー戦隊モノは、マニアが喉から手が出るほどに欲しがります。自宅や倉庫を探してみて下さい。

絵画や切手も

自分では価値がないと感じていても、一部のコレクターにとっては価値があるアイテムがあります。廃盤のレコードや、作者が亡くなってから価値が出る絵画があります。鑑定をしてもらって、その価値に驚くのが骨董品買取りの世界です。